骨粗鬆症や糖尿病は食生活から改善|糖尿病食を通販で購入

男性と女性

症状によって違う

老夫婦

腎臓病食は宅配も利用できますが、腎臓病にもいろいろあるので宅配を利用する際には適切なメニューを選ぶようにしましょう。急性腎炎の腎臓食の場合は、塩分とタンパク質の制限を行ないます。水分さえも厳密に制限する必要がありますので、宅配食を使った方が適切に、しかも楽に食事が用意できるのです。宅配食で急性腎炎の腎臓病食を頼む際には、塩分の摂取量が一日五グラム以下にする必要があります。発症直後は急性期といわれ、2~4週間後は回復期となります。この時の塩分摂取量は七グラム以下です。回復期であっても体重一キロあたりの塩分摂取量が一グラムですので、塩を使っていなくても塩分が多い食材を使うだけで制限量がきてしまいます。腎臓病食ではこれに気をつけながら、味でも満足できるような食事を宅配してくれるので安心です。

慢性腎炎の場合の腎臓病食は低たんぱくで高エネルギーが条件になってきますので、肉類は食べられます。しかし、あまりたくさんは摂れませんので、それを補うために油も使う食事が作られています。慢性腎不全ではリンやカリウムを制限すべきだとされていますが、同時に慢性腎炎と同じく低たんぱく・高エネルギー食を摂る必要があります。肉などにはリンが含まれることもありますので、宅配の腎臓病食ではあまり加工肉食品は使わないように気をつけられています。腎硬化症などの合併症が起こっても、マグロやチキンなどを使って美味しい食事をすることは可能なので、プロが作る宅配食を活用しましょう。